ブログ
お問い合わせ

7つの習慣

離婚★不貞に強い離婚探偵行政書士の森部です

毎朝、子供達を連れて近所のセブンイレブンに行く習慣がある

これぞ7つの習慣!

 

「7つの習慣」は人格を磨くための基本的な原則を具体的なかたちにしたものであるが

その場しのぎのテクニックや表面的な考え方行動を「個人主義」と呼び

誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐・勤勉・質素・節制・黄金律など

人間の内面にある人格的なことを成功の条件にした「人格主義」と呼んでいる

 

ある主婦の方から

離婚が決まった両親(60歳半ば)の相談があった

 

もう財産分与もある程度決まっていて

現在2世帯で住んでいる家から父親がひとりでて

母親は娘夫婦と同居を続けるそうだ

 

そもそも夫婦仲がこじれ始めたのは

父親の浮気から母親が父親を嫌がるようになった

そして今回の離婚となったのだが

 

その父親が出会い系のアプリをやり

女の人と会ったり外泊するらしいのだ

 

まだ離婚もしていないのに

次の相手探しているなんて許せない!

母親も離婚を期限伸ばしているようで

 

娘さんとしても

何か父親に制裁を加えることはできなのか?

と私に相談してきた

 

離婚決まっているので夫婦関係が破綻してますから

不貞は認めてられずらいですし

もし認められたとしても離婚する訳ですから

慰謝料もそんな取ることできないと思いますよ

 

もしかしたらお父さんは自分の浮気から始まった事だけど

その後のお母さんの対応を寂しく思いながら

もう修復できないのならと離婚したかもしれません

 

そうなると、ひとり悪者で外にほっぽり出されるお父さんは

自分を認めて受け入れてくれる女性は世の中にはいるんだぞ!

と、プライドの為にお母さんに見せつけているかもしれませんよ

 

そして、娘のあなたがお父さんに制裁を加えたとして

お父さんは素直に反省などせず

よけい悲しみからお母さんを攻撃するかもしれません

 

それを見てまたあなたが怒りをこみ上げる

だれひとりいい事はありませんよ

 

ならばあなたが最優先にすることは

お母さんに愛情を注ぐ事と

自分の父親に少しは労いの心を持つことではないでしょうか?

 

私はあなた達に囲まれて暮らすお母さんより

逆に70前に独り者になるお父さんがこの後幸せに暮らせる確率は低いと思いますよ

 

自業自得だと相手をなじるのは簡単ですが

それを見ているあなたのお子さんやあなたの旦那さんが

そんなあなたを見て今後の関係性に影響を与えることがあると思います

 

一時の感情で表面的なテクニックを使って問題解決を行おうとするより

今回の事を自身の人格的な愛情や内面の成長だと思って向き合う事が

将来のあなた自身の家庭がうまくいく事に繋がると思いますよ

 

相談者は相談したい回答と真逆の答えが返ってきて

びっくりした様子だったが少し落ち着いた感じで電話を切った

 

 

そして私は子供に好かれたいが為に

セブンイレブンで内緒でお菓子を買ってやることを習慣にしている笑