ブログ
お問い合わせ

環境適応能力

離婚★不貞に強い離婚探偵行政書士の森部です

YouTubeで動画をアップした

 

探偵で1番難しい能力は

その場面にいては不自然な自分を

どのようにして相手に納得して自然に対応できるか?

 

これにはもちろんセンスが必要だが

ある程度現場を積めば鍛える事ができる

 

一番単純なシーンは張り込みだ

住宅地で張り込む中で自分が探偵だと分かってしまったら

仕事にならない

 

そこにいる理由を言葉に発せずにして

周囲に伝えたりしなければならない

 

あまりにも自然すぎて

東尋坊で調査していたら

「大丈夫ですか?悩みがあるなら聞きますよ」と

地域のNPOの人に声を掛けられた事がある

 

またラブホテルに対象者が入っていった時も

一緒に中について撮影するが

怪しまれずそのシーンにマッチした人物にならなければならない

 

うちの調査員の子はラブホテル内の二人を撮影するのに

作業服と雑巾を持って建物に入っていき

ラブホテルの窓を拭きながら二人を撮影したそうだ

 

しかし一番必要な事は「環境のせいにしない」マインドだ

それができればだいたいの事は切り抜ける事ができる

 

探偵としてその仕事を選んだのだから

たとえ張り込み場所や潜入地や仕事がきつくても

尾行して対象者に連れてこられたところでも

 

それは自分が選択した事だからだ

だからバンザイしてしまう言い訳を探すより

自分への新しい課題だとユーモア持って解決する

 

そこで課題を解決した事によって自信につながり

その自信が次の課題を作る活力となる

 

環境のせいにするヤツは自信がなくなるスパイラルに陥り

環境適応能力の高いヤツはどんどん自信をつけていく

 

環境適応能力があっても

その環境に落ち着かずさらなる変化の環境へ身を投じる事

新しい事へのチャレンジはアドレナリンとテストステロンが出て

男としての魅力が上がる

 

一番やばいのが環境への不満や愚痴を言いながら

日々の矛盾やストレスが自然になってしまい

同じ毎日の環境に適応してしまった男だ

 

卑屈になって問題を探す努力はやめて

ユーモアを持って課題に挑む努力を続ける

そのスパイラルが人間的な魅力まで上がってしまい

人生がハッピーになってしまうんです

 

そういう私もコロナ禍の家飲みの環境に毎日適応しまくって

酔っ払いながらひとり動画見てでゴロ巻いてます