ブログ
お問い合わせ

情報漏れてる

離婚★不貞に強い離婚探偵行政書士の森部です

盗聴器の調査でクライアントがよく言われるのが

「私しか知らない事を他の人が知っている」

 

そんな偶然が2、3回重なり合うと

気になってしょうがない

 

精神的にまいってしまい

誰かに相談したくなる

 

浮気調査を依頼してきた50歳代の奥さま

ずっと旦那と愛人が同棲しているのを黙認してきたが

 

ふたりが同棲している証拠を抑えたいのだか

どこに住んでいるのか分からない

 

もう我慢の限界だかどうしたらよいか?

親しい友人などに相談していた

 

すると偶然となり町のマンションの敷地内に

旦那の車を発見した!

 

これはチャンスだと思い

探偵社に依頼をしたのだった

 

調査依頼をした後

奥さまは心配になる

 

いつも私が何か事を起こそうと行動しようとすると

急に旦那は優しく接してきたり

もう一度チャンスをくれ!だの

態度を急変させるのです

 

どこかで聞いていると思うんです

今回も心配なので盗聴器が付けられてないか調べて欲しいです

 

私は奥さんに

旦那さんに聞かれてまずいことは

家の中では話さない方がいいですよ

 

もし本当に部屋に盗聴器が付いていたとしても

プロが外したと分かれば旦那さんも相当警戒しますから

奥さんは悪い事なんてしてないので

どんと構えておけばいいんです

 

警戒したり

揺さぶりかけてくるような

器の小さな男なんだから

ほかっておけばいいんです

 

それを聞き、奥さんは安心した様子だった

 

そして調査当日

情報の団地に行くと

旦那さんの別宅は引っ越された後であった

 

奥さんはやっぱり盗聴されてたんだ!

と不安になり落ち込んだ

 

私は奥さんに

誰か親族や友人に話してないか?と尋ねると

 

信頼できる仲のいい友人にいつも相談してます

その友人の旦那さんとうちの旦那は友達ですが

決して口外しないでと頼んであります!

 

やっぱり盗聴されてますよね!

 

探偵には守秘義務というものがある

それは家族友人だからと言っても情報は漏らしてはいけない

 

しかし調査がバレてたりして

調査員が追いかけられたりするが

クライアント自身が知らず知らずに

情報を漏らしていることもよくある