ブログ
お問い合わせ

マインドセット

離婚★不貞に強い離婚探偵行政書士の森部です

私はあまりスーツを着ない

クライアントに会いに行く時もネクタイはしない

逆にネクタイをじーっと見ていると

なんであんな滑稽な布を首からぶら下げいるのか笑えてくる

 

なぜビジネスでスーツを着るのだろう?

 

スーツを着たら売上が上がるのだろうか?

上がるのだったらスーツを着てみようと

スーツを着て営業をしても

売上は上がらないだろう

 

うまくいかないから行動を変えてみる

お客さんに常識がないと思われるからネクタイを締める

売上が上がらないからスーツを着てみる

 

何かマイナス要因をなくそうと行動するだけでは

良い結果に結びつきにくい

 

飲食店でコロナで客足がこないから

このままではヤバイとどこの店もやっているからテイクアウトを始める

もともと店にあるものを安い容器、安い価格でテイクアウトを始めても

コロナで来ない客は来ないのだ

 

結局は行動や見栄えを変えるだけでは

良い結果には繋がらない

 

そもそもの向き合い方に対するマインド(考え方)を変えなければ

行動を変えても結果に結びつきづらい

 

行動とはテクニックであって

考え方が伴って効果がでるものだ

 

コロナで営業活動ができなくなったマズイ!

と、営業ツールや見栄えを気にするよりは

 

これで遠方にわざわざ感だして会いにいかなくていい時代になった!

夜遅くまで接待に付き合わずに済むようになった!

口のくさいおっさんと会わずに商談できる!

いつでもどこでもリモートで営業できる!

 

お金、時間、距離、ストレスがなく営業できるなんて

むちゃむちゃ効率よくなるじゃん!

とそちらに考え方をセットする

 

しょうがないからやるマインドではなく

めっちゃチャンスじゃん!マインドで向き合う

 

だから私も

堅苦しいスーツを着てあぶら汗をかき

ズボンの折り目がちゃんとしてるか気にして

首にネクタイを結びつけて肩が凝り頭痛がして

革靴をはいて水虫でくさい足になるのなら

 

自分のパフォーマンスが最大限に出せる

稼働性の高い服の方が効率が良いと考えスーツを着ない

 

たったひとつ着るのなら

スーツを着た方がカッコよく見えるから

恋愛においてはギャップ萌えさせる為にスーツを着ることはある