ブログ
お問い合わせ

ダサ男

労務不正に強い国際探偵行政書士の森部です

ネグセ、メガネ、マスク

白Tにマグネループ!

 

完璧にダサい格好でいると

透明人間になった気持ちになり

 

古びた商店街の年配層服売り場で

服を選ぶことも堂々とできてしまう

 

私は人の目を気にしないタイプであるが

それは人間として生きる時であって

 

男として活きるシーンは女性の視線は大切だ

 

妻が不倫している男性からの相談があった

3年前から妻子ある男性と不倫関係にあり

 

相談者とは家庭内別居状態

妻は離婚を迫ってくる

 

しかし相談者は子供と離れたくないので

妻との離婚は阻止したい

 

ここでよくあるマインドが

「不倫した妻と相手の男が悪!」

「そして俺は不倫された夫であいつらの悪事を裁く者」

という相関図を作り上げてしまう

 

しかし実際の希望は

子供と一緒に暮らしたい

妻とはできれば修復したい

 

こんな相談がむちゃくちゃ多い

 

この二つの考え方の終着点が真逆なので拗れるのだ

 

「俺は悪事を裁く者」のマインドなら

妻と相手の男に制裁を加え

向こうの家庭ごと全部ぶっ壊せばいい

 

今でも二人が会わないか?監視をして

奥さんをねちっこく説教しているので

どんどん関係が悪化している

実際の希望とはまったく違う状態にどんどん進んでしまう

 

そもそもスタートから心のベクトルが違う方に進んでいるのだから

希望の着地点に向かうわけがない

 

ではどういうマインドがいいのか?

私のおすすめマインドは

 

「どっちころんでも男としてカッコいい」マインドだ

 

・離婚はしてもいいと意思を伝え、奥さんの束縛された気持ちを開放させてあげる

・不倫も続けてもいいぞ!そして俺も彼女を作るぞ!と監視や依存をやめる

・スポーツやトレーニングで体型を改善し、清潔な服装や見た目を作りあげる

・奥さんが外出しないように家で監視をするのではなく、自分から進んで外出して交友関係を作る

・仕事のスキルアップになるような趣味や遊びをする

・そしてたくさんの女性の視線に自分が晒されるシーンへ足を運ぶ

 

奥さんが不倫をするかしないかは

奥さんの気持ちの問題なので

旦那がいくら説教しても

「このみみっちい男が!お前がそんなんだからあの人が良くなったんだよ」

奥さんの気持ちをコントロールすることはできない

 

それなら男らしく執着せずに手放し

自分が男としてカッコよくなれる事に集中する

それはいくらでも自分でコントロールできる

 

たくさんの女性の視線をもらうように意識する

 

気づけば奥さんなんてどうでもいいと思ってしまう彼女ができたり

奥さん自体が魅力があがった旦那が気になりはじめる

 

そうなれば離婚するのも、離婚しないのも

結果など関係なく自分が幸せに生きる為の

人生をコントロールできるようになる

 

かっこいい男とは、依存や執着、弱音を吐かず、常に自分の器を成長させる行動をする男

そこを目指せば男としても人間としてもハッピーだ