ブログ
お問い合わせ

コロナ離婚

労務不正に強い国際探偵行政書士の森部です

朝9時に起床してそのままリモートワークを始める

机についたまま食事をして

眠くなったらそのまま机で寝る

そして目覚めればリモートワークを始める

今日も一日ずっと机の前にいた

 

自宅でリモートワークしても探偵の現場とあまり変わりない

2,3日ずっと車の中で生活するなんてザラにある

コンビニ、トイレ以外はずっと車のシートに座ったまま

 

もともと探偵はリモートワーク仕事なのだが

このコロナの影響でよりリモート化、AI化が進むのだろう

 

探偵でも自宅でのリモート化で違うところがある

それは家族がいることだ

 

このコロナ騒動で会えなくなる家族

逆に会いすぎる家族のどちらも増えただろう

 

いままでの生活のサイクルやリズムが変わり

それをストレスに思い

すれ違いが起きて確執が生まれる

 

今流行りの「コロナ離婚」だ!

しかし、コロナで環境が変わったから離婚するのだろうか?

 

このコロナ離婚でよく相談がかかってくるが

うちでは男性の相談者が多い

悩める夫が多いのだ

 

しかし、アメリカの大学で面白い統計研究があった

 

別れない長続きする夫婦・カップルを調べてみると

女性側の問題解決能力が高いという結果が出た

 

関係性を長続きさせるのは

男性側の問題解決能力よりも女性の問題解決能力が重要というわけだ

 

また加えて、その問題を解決する時に

冷静に自分の感情や要求を素直に伝え

相手を批判したり切れたりしない

女性方がうまくいくという結果が出た

 

このようなテクニックをアサーティブネスと言う

アサーティブネスとは簡単に言うと

「自他を尊重した自己表現もしくは自己主張のことである」

 

逆に男性はどうか?と言うと

そもそも男性は恋愛に対するコミュニケーション能力が低いので

このアサーティブネスを高めてもさほど変わらないらしい

 

となると、コロナ離婚を防ぐには男性側が頑張るのではなく

女性が家でリモートワークしながらゴロゴロして

ろくに家事も手伝わずに菓子ばっかり食べてる夫に

 

ディスったりヒステリーに批判せず

冷静に気持ちや要求を伝えるのが一番効果的と言うことなんですね

 

家にずっといる旦那さんを見てイライラする気持ちは分かります

でもそのイライラした圧力と監視の中で何かしようとしたなら

すぐにディスられる旦那さんがコロナと共にこの世界にたくさん増殖している

 

しかし本当の事を忘れてはいけない

その旦那さんは家に居ながら

コロナの感染拡大を防いでいる

人類のヒーローなのだから!