ブログ
お問い合わせ

ごちゃまぜ

離婚★不貞に強い離婚探偵行政書士の森部です

GWの休み中に

次男の誕生日(6月)、子供の日、母の日、実母の誕生日(5月)、実弟の誕生日(5月)

全てオールインワンの合同お祝い会をやった

何も当てはまらないのは私だけなので

飾り付け、ケーキ作り、お寿司を買ってきて用意してみると…

 

 

旦那の浮気から発展した離婚別居問題で

よく起こる事がある

 

当然、浮気の証拠を撮って慰謝料請求したい

浮気相手を特定して慰謝料請求したい

別居して婚費請求したい

親権が欲しい

そのままローンを払ってもらってその家に住み続けたい

とか、色々と請求や要求はあるだろう

 

だって夫が浮気したのだから当然の権利だ!

そう思う方はたくさんいるし

間違ってもないと思います

 

だけど

子供が小さいのに浮気しながら子供に悪いとは思わないのかしら?とか

 

薬物をやってるようだからその証拠を撮って警察に突き出してやる!とか

 

相手の女が会社の部下なんだから会社の監督責任を追求して左遷またはクビにしたい!とか

 

何か特権を得たかのように勘違いして

自分の恨みや憎しみを晴らしてよい

と考えてしまう方がいる

 

つらい気持ちや悔しい気持ちはよく分かります

 

しかし、その権利を主張する相手を窮地に追い込み

なじったり、刑務所へ入れたり、職を失わせたりして

あなたが得をすることはひとつもないし

そんな思考でいたら人生は辛くなるばかりだ

 

 

権利を主張したい相手がいるなら

その権利を主張する相手にも

礼儀や徳を積む姿勢で向き合えば

少しは向こうも柔軟な構えになるだろう

 

物事の原因、現象、過去、未来、憎しみ、不安、怒りなど同じ頭の中にごちゃまぜに入れると

それがドロドロとしたものになり

 

やがて自分自身の人生すら飲み込まれる

 

なので全部を達成しようとせず

自分にとって一番大切な物は何か?

をしっかり定めておくのかいい

 

お金なのか?

子供なのか?

プライドなのか?

それともそもそも旦那だったり?

 

相手を許せずにずっと怒りや復讐を考えている人は

結局、自分自身を一番深く傷付けて

自分を信じれない人なのだ

 

一番の優先順位は

自分を信じる事でしか解決しない

 

そう言って

合同祝賀会の寿司を買って帰った頃には

 

母親はすぐに父親の介護のため自宅に戻り

弟は友達と遊びに行き

子供ふたりはプレゼントのおもちゃに夢中になっていた

 

ケーキにロウソクを付け

無理やり次男に火を消さして

30分もしないうちに会は幕を閉じたが

 

私の心にはやり切った充実感以外なく

寿司を食べながらのハイボールは最高だった