ブログ
お問い合わせ

うなぎ昇り

労務不正に強い国際探偵行政書士の森部です

近所のうなぎ屋に食べにいくと

「運気うなぎ昇り」の額があったので

自撮りと一緒に撮影したのだが

 

スマホの外側のカメラが

そこでうなぎを食べているおじさんに向けられていたので

迷った挙句、おじさんは親指を立て

グッジョブポーズしていた

 

うしろで店員さんの「ありがとうございます!」の声が聞こえた

 

運はどうしたら良くなるのだろうか?

 

よく運が良かったとか悪かったとか

天からふってくるような

外部環境からのツキもののようなニュアンスだが

 

運はふってくるものではなく

掴むものだと思う

 

私は20代の頃、よくチャンスを逃しているような気になり

探偵は毎回違う土壇場での判断が必要となるから

チャンスを掴めるようになるかもしれないと

30歳代で探偵になった頃、チャンスを掴むための先読みと姿勢を意識していた

 

チャンスを掴む土壇場での判断で必要な事は

どうしたら失敗しないか?ではなく

どうしたら成功するか?のマインドにかかっている

 

危機的状況に陥ったときもそうだ

そもそも危機的状況は失敗に近い状況なので

そんな時に失敗しないようにしても

状況は逆転しない

 

失敗しないようにしている姿勢は

本人は強がって隠していても

周りから見てすぐわかるからだ

それが周囲に伝わり

 

周りの環境の方が自分の状態より優位になる

だから自分の方が運が悪くなる

 

自分の方が周りの環境より優位になる姿勢とは

成功しようとするマインドや言葉は

感謝の気持ちと「ありがとう」の言葉です

 

感謝の気持ちと「ありがとう」の言葉は

余裕を持っていないと出来ない

 

落としたらどうしようと焦せるほど

逃げるうなぎは掴めませんよ